【赤ちゃん連れて上高地】1歳児と大正池~河童橋までゆるハイキング

子連れお出かけ

雄大な山々に澄んだ川や池の景観が美しい上高地。


ずっと憧れだった上高地に、歩行が安定してきた1歳7ヶ月の息子をつれて行ってきました!


行く前は赤ちゃん連れで大丈夫か不安でしたが、行ってみたら息子も私も自然を存分に楽しめ、とても良い思い出に


そこで今回は、これから上高地に赤ちゃん連れで行く人に向けて

  • 当日どんなスケジュールで行ったのか
  • 赤ちゃん連れハイキングの気をつけたほうが良いポイント

このあたりを詳しくレポートしていきたいと思います。



もも
もも

赤ちゃん連れで上高地ハイキングをできるか不安に思っている人はぜひ参考にしていってください♪

スポンサーリンク

当日のタイムスケジュール

当日のタイムスケジュール
  • 10時
    さわんど大橋 バス停

    バス 

  • 10時30分
    大正池

    ハイキング

  • 12時
    河童橋

    お昼休憩

  • 13時
    上高地バスターミナル

    バス

  • 14時
    さわんど大橋 バス停

1歳児とのハイキングということで時間にはゆとりを持って、大正池から河童橋までの約4キロの道のりを歩いてきました。


大人の足で行けば1時間ほどですがのんびり歩いたり、抱っこしながら進んだ結果1時間半ほどかかりました。

10時 さわんど大橋 バス停

上高地内へはマイカー規制により車で入れないため、バスかタクシーの利用が必須です。

バス利用の方が安いため、我が家はバスを選択。

松本市内で宿泊をしていたので、車でさわんど駐車場まで行き、歩いてさわんど大橋バス停へ。

もも
もも

バス停付近には駐車場がたくさんあり、1日700円ほどで利用できるよ





さわんど大橋から大正池までバスで約30分。


バス内では息子にYoutubeをみせて過ごそうと思っていましたが、所々電波が入らずピンチ…!

苦肉の策で、iPhoneのメモ機能でお絵描きさせなんとか静かにしてもらうことに成功しました。

10時30分 大正池到着

大正池 ゴツゴツした岩あり

大正池バス停で降り、階段を下っていくとすぐに大正池に着きます。

当日は、あいにくの曇天でしたが澄んだ水と木々が美しく、上高地に来たーーー!って感じてテンションがあがります。



大正池の周りはゴツゴツした岩が多く1歳児が歩くには不向き

大正池は抱っこして楽しみ、さっそくハイキングスタートです。

大正池~河童橋までハイキング

大正池から河童橋へのルートは舗装された道が多く、1歳児でも歩ける場所が多かったです。

体感的には

  • 3分の1…1歳児では歩けない(大正池付近の岩場、雨によるぬかるみ)
  • 3分の1…大人と一緒に気をつけて歩く(橋)
  • 3分の1…1歳児でも楽々歩ける

といった感じでした。

大正池付近 橋のようになっているハイキングロード
大正池付近 舗装された道
河童橋付近 舗装された道



息子は3分の1ほどは自分で歩き、後は抱っこやおんぶでハイキングを楽しんでいました
(抱っこしていたのは主にパパ。笑)

もも
もも
 

最後の1キロは疲れたのか抱っこ紐の中で爆睡していました

細い道やぬかるみがあったりするのでベビーカーで行くのは厳しいと思います。

私たちが行ったのはお盆明けの平日だったので人はそこまで多くなく、後ろから人が来たら避ければ1歳児が歩いていても大丈夫でした。

12時 河童橋

1時間半ほどで河童橋に到着しゴール!

橋から落ちないように気をつけて河童橋を渡ります。

河童橋を渡る1歳児


河童橋付近はレストランや売店がありとっても賑やか。


ここでお昼休憩をします。

売店にはおにぎりなど離乳食が完了している子なら食べられそうなものもありましたよ。

息子は野沢菜おにぎりとキノコおこわがお気に入りのようでよく食べていました。

河童橋には簡易ベッドが置いてあるトイレがあり、オムツ替えもここで済ませます

13時上高地バスターミナル

河童橋から5分ほど歩いたところにバスターミナルがあります。

帰りのバスは30分間隔で出ていたのでその時間にあわせて向かいます。

バスの中はみんな疲れていてお休みモード。

もも
もも

息子を静かにさせておくのに必死でした

14時 さわんど大橋バス停

バスの発車が遅れたりしつつ、14時前には車に戻って来れました。

ハイキングお疲れ様でした。
(特にずっと抱っこしていたパパ)

赤ちゃんと上高地ハイキングポイント

1歳児と上高地ハイキングをしてみて、ポイントだと思うことをまとめました。

歩行が安定している子なら自分で歩ける道

梓川沿いに続くハイキングコース

大正池~河童橋ルートは途中ちょっと危ないかなと思う所はありましたが、基本的には舗装されていて歩きやすい道でした。

歩くのが好きな子であれば、自分で歩きつつハイキングを楽しめると思います。

もも
もも

抱っこ紐やヒップシートはあった方が良さそう

混み合う日は避ける

狭い通路もあり赤ちゃんがフラフラ歩いていると邪魔になってしまうので、連休など混むことが予想される日は避けたほうが無難です。

おむつ替えは河童橋で

河童橋のトイレは広く、簡易ベッド付だったのでオムツ替えしやすかったです。

他のトイレにはベットなどはありませんでした。

授乳はベンチでできそう

所々にベンチがあったので、ケープがあれば座って授乳できそうです。

着替えは必須

ぬかるんだ土に座り川を眺める1歳児

山の天気なので途中で雨が降ったり、ぬかるんだ土に子供がダイブしたり…

着替えは多めに持って行ったほうが良いです。

宿泊:梓水苑

今回、旅の拠点にしたのは、さわんど駐車場から車で40分ほどの場所にある梓水苑
梓川のすぐそばにあり、自然をゆったり感じられる素敵な宿でした。

和室の部屋があり、ユニットバスがついているので1歳児連れでも過ごしやすかったです。

梓川やアスレチックが旅館裏にあるので、ちょっとした空き時間でも遊びに行けて楽しめました。

【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!

まとめ:赤ちゃん連れでも上高地ハイキングは楽しめる♪

行くまでは色々と不安がありましたが、思い切って行ってみたら息子はちゃんとトコトコ歩いてくれ、一緒に上高地の絶景を楽しみながらハイキングを楽しむことが出来ました。

赤ちゃん連れだと荷物が多くなったり、スケジュール管理が難しかったりしますが、時間に余裕をもっていけば十分に楽しめますよ。

もも
もも

また違うシーズンにも行きたいなぁ

おわり

【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!

当ブログはブログ村ランキングに参加しています。
ぜひ応援のポチっと!お願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
もも

身長140㎝。小さくてもたくましく生きてます。2021年に息子が爆誕。育児に奮闘する人です。息子の身長はのばしてあげたくて日々勉強しています!低身長さんに役立つ・身長が伸びるかも・育児のあれこれを発信していきます♪

ももをフォローする
子連れお出かけ
スポンサーリンク
ももをフォローする
140cmママぶろぐ
タイトルとURLをコピーしました